さすぺんしょん
最近はほとんど買い物日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読漫感想文/武装錬金(10)


やっと発売されました!
これで終わってしまうというのは寂しいですが・・・とにかく待ちに待った最終巻。
多くのキャラの幸せそうな姿が見られて良かったです。
以下、ネタバレ有です↓
「やっぱパピヨンは最高だなぁ・・・そして斗貴子さんはかわいいなぁ
というのが10巻の正直な感想(笑
まずは「武装錬金ピリオド」。
-----ヴィクターとの決着
割と意外でした。
完全な悪人というわけではないとは思っていましたが、あそこまであっさりと終わるとは。
-----白い核鉄。
精製に何十年もかかるという話だったのでどういうラストになるのかと思いましたが、
パピヨンとアレキサンドリアの頑張りによりあっさり完成。
う~ん、これはちょっと期待外れだったかなぁ・・・
ちょっと都合よすぎる気がします。
-----VSパピヨン
やっぱり殺さないカズキ。これはベタですが皆が望んだ展開かと。
-----パピ!ヨン!
彼がこの世界で生きるにはこうするのが最適かと(笑
-----エピローグ
ラストは、カズキと斗貴子さんが学校へ戻るシーン。
カズキは(成長したにしろ)元の鞘に戻っただけですが、
斗貴子さんはやっと「戦士」から離れることが出来たんですよね。
こう考えるとこの漫画で一番幸せになれたのは斗貴子さん(とパピヨン(笑))な気がします。


そして「武装錬金アフター」。
斗貴子さんがエロスバカップルぶりを遺憾なく披露するお話ですね(笑
「テン蝶」とかやりたい放題です(笑
そんなギャグ話の中、シリアスに描かれる斗貴子さんの傷の理由。
でも、「自分が戦士である証」であるならやっぱりもういらないような気が・・・(NGワード・キャラ付け)
傷を消して、カズキと完全に普通な生活を送る、そんな終わり方でも良かった気がします。
そして毒島はやっぱり美少女でした(笑


「核鉄がすぐ出来ていたのは期待はずれ」なんて書きましたが、
出来てなかったら出来てないでこの漫画らしくない終わりになってしまっていたと思います。
やはり、「元の生活を取り戻す」というのがカズキの戦う理由の一つにありましたし、
それを斗貴子さんと共に叶えられて本当に良かった。
パピヨンが幸せそうなのもよかったです(笑
打ち切られてしまったため、どうしても後半詰め込みすぎな印象が強かったのは残念ですが、
グダグダになって続いているよりはいいかな、とプラス思考(笑
今後また、本作のような「少しかわった王道漫画」が出てくることを願います。
和月伸宏先生、お疲れ様でした!
-------------------------------------------------------------------

comment

comment













管理者にだけ表示を許可する
※現在スパム避けのため 「http」 が禁止ワードとなっております。
 

trackback

←バナー作ってみました     

profile

やくと(jagdelf)

Author:やくと(jagdelf)
春香さんがかわいすぎてもうだめ

menu

Number of all entries
All titles are displayed.

ブログ内検索

counter

  • since : 2006/01/30
  • カブトボーグ名言集

    carendar

    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    link

    weathernews

    mobile

    QR

    jubeat

    スキなものリンク

    RSS

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。